プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« The Fight (ザ・ファイト) 『U.H.T.R.N.H.T.B! Promo』 | トップページ | NO FUN AT ALL (ノー・ファン・アット・オール)  『GRIT (グリット)』 »

2018/05/30

The Lion's Cage(ザ・ライオンズ・ケージ)  『Raw 2017(ロウ2017)』

Thelionscageraw2017cover


ニューヨークはブルックリン出身のハードコア・バンドのデビュー作。日本語でライオンの監獄と名付けられたバンド名からは、実際のところは分からないが、なにやらスラム街の閉ざされた監獄という隠語のように感じる。

彼らのアティテュードとは、MADBALL(マッド・ボール)やSheer terror(シアー・テイラー)やMERAUDER (メラウダー)などの流れをくむギャングの要素が強いハードコア。歌詞には“綱渡り”や、“運の悪さ”、“プレッシャー”など、ギャングの世界を彷彿とさせる死と隣り合わせな緊迫感に満ちた言葉が並ぶ。

緊迫感に満ちた静けさから濁流のような激しさに変わる展開からはマッドボールの影響を色濃く感じ、そこに狂ったような激しスピードと、躁病的なテンションのボーカルを加えた。

レコーディング状態が悪いためか、若干音の悪さを感じる部分が残念ではあるが、だがメタルからの影響を感じない攻撃的なハードコア・スピリットだけで突き抜けていく初期衝動には、アグレッシヴさがあるし、不良の匂いがする。まさにやさぐれたハードコアなのだ。今後が期待できる作品だ。

 こちらからダウンロード可能

« The Fight (ザ・ファイト) 『U.H.T.R.N.H.T.B! Promo』 | トップページ | NO FUN AT ALL (ノー・ファン・アット・オール)  『GRIT (グリット)』 »

L」カテゴリの記事

T」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/66774043

この記事へのトラックバック一覧です: The Lion's Cage(ザ・ライオンズ・ケージ)  『Raw 2017(ロウ2017)』:

« The Fight (ザ・ファイト) 『U.H.T.R.N.H.T.B! Promo』 | トップページ | NO FUN AT ALL (ノー・ファン・アット・オール)  『GRIT (グリット)』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク