プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« T.O.S 『DEMO』 | トップページ | The Fight (ザ・ファイト) 『U.H.T.R.N.H.T.B! Promo』 »

2018/05/11

Trail of Lies(トレイル・オブ・ライズ) 『WAR(ウォー)』

W.A.RW.A.R
TRAIL OF LIES

RETRIBUTE RECORDS 2018-03-22
売り上げランキング : 470852

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ニューヨークはシラキューズ出身のニュースクール・ハードコアの1stアルバム。シラキューズといえばEarth Crisis(アース・クライシス)やAnother Victim (アナザー・ヴィクティム)などのニュースクール系ヴィーガン・ハードコア・バンドを輩出した土地として有名だ。彼らもその伝統を受け継ぎ、ストレートエッジにして、巨大なハンマーを振り下ろすような金属質で重厚なギターのリフを中心としたスローでグルーヴィーなサウンドを踏襲している。サウンド的にもアティテュードもシラキューズの伝統を受け継ぎ、自分たち流にアレンジしたバンドなのだ。

とくにストレートエッジ思想をさらにストイックな求道者のように突き詰めている。この作品で語られているのは、力不足の克服や、欲望に打ち勝つ自分との闘い、困難を乗り越えた勝利のための戦いなどについて。

心の奥底からにじみ出る気合の入ったボーカルの怒声からは、精神統一し、戦いに挑む空手家のような、落ち着きと闘争心を感じ取ることができる。変化の力を促す自己啓発や、高い目標設定をしあえて困難な状況を作り乗り越えようとする高い意識。アルバムタイトルの『WAR』とは自分の権利を獲得する戦いだけでなく、弱い自分の内面との闘いでもあるのだ。

« T.O.S 『DEMO』 | トップページ | The Fight (ザ・ファイト) 『U.H.T.R.N.H.T.B! Promo』 »

T」カテゴリの記事

ハードコア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58179/66706272

この記事へのトラックバック一覧です: Trail of Lies(トレイル・オブ・ライズ) 『WAR(ウォー)』:

« T.O.S 『DEMO』 | トップページ | The Fight (ザ・ファイト) 『U.H.T.R.N.H.T.B! Promo』 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク