プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018/06/16

Illusion (イリュージョン) Demo (デモ)

Cover

ニューヨークはブルックリン出身のハードコア・バンドのデモ。ピップホップな歌いまわしからは、MADBALL(マッドボール)からの影響を色濃く感じる。だがメタルからの影響は一切ない。独特なリズムで刻むギターのリフからユースクルーからの影響を感じるし、スピーディーでスラッシュメタルを取り入れたハードコア・サウンドからはCROMGS(クロマグス)の影響を感じる。金属質なリフを取り入れる前の、古き良きニューヨーク・ハードコアを集約したサウンドだ。

歌詞は、友情や怒りや憎しみなど、日常的なことについて。<愛だった感情が憎しみに変わる>とか、<友人の死の瞬間>といった内容からは、息詰まるような緊迫した空気を感じることができる。まるでニューヨークのスラム街にたむろするギャングのようなアティテュード。マッドボールと同くギャングや不良の匂いがするハードコアなのだ。

こちらからダウンロード可能

2018/06/07

NO FUN AT ALL (ノー・ファン・アット・オール)  『GRIT (グリット)』

GRITGRIT
NO FUN AT ALL

BIRDA 2018-04-12
売り上げランキング : 11181

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

じつに10年ぶりとなる6作目。スウェーデン出身のNO FUN AT ALL(ノー・ファン・アット・オール)いえばメロディック・ハードコアの先駆者バンドのひとつとして知られている。メロディック・ハードコアの創始者といえばBAD RELIGION(バッド・レリジョン)。だがバッド・レリジョンとは異なるアプローチのメロディック・ハードコア・サウンドを展開している。

その異なるアプローチとは、8ビートのパンクロックをめちゃくちゃ速くした曲と、弾丸のような勢いの2ビートサウンドに壁のようなノイズギターが印象的な曲。BLACK FLAG (ブラッグ・フラッグ)などのアメリカン・ハードコアから進化し、カントリーなどを加え、アメリカ的で帰結したバッド・レリジョンと比べると、Misfits(ミスフィッツ)やGANG GREEN (ギャング・グリーン)などのアメリカン・ハードコアをよりスピーディーに、イギリスのニューウェーヴなどの独特なメロディーを取り入れた。じつにヨーロッパ的なサウンドといえるだろう。

そして今作でもメロディック・ハードコアなサウンドに変わりはない。スピーディーでノイジーな2ビートの曲が多かった前作と比べると、今作では8ビートのメロディックパンクが中心。メロディーフレーズが印象的だった2作目の『Out of Bounds (アウト・オブ・バウンス)』の路線を、よりポップに、より爽やかに、よりメロディックに突き詰めている。

とはいってもけっして能天気なポップさではない。『アウト・オブ・バウンス』にあった憂鬱さや切なさが全面に出したメロディーも、ここにはない。あるのは苦難のときを覚悟し、乗り越え、開き直ったような爽やかさ。渇いた心をポップな風が吹き抜け、傷口を癒すような爽やかさなのだ。

90年代からけっして変わることのないメロディックで、ノイジーで、スピーディーなサウンド。彼らの魅力は健在。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク