プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


パンク

2018/02/02

Greg Graffin(グレッグ・グラフィン) 『MILLPORT(ミルポート)』

MillportMillport
Greg Graffin

Imports 2017-03-09
売り上げランキング : 87082

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Bad Religion(バッドレリジョン)のボーカリストであるGreg Graffin(グレッグ・グラフィン)が17年に発表した3作目となるソロアルバム。デビュー作の『アメリカンリージョン』はアコースティックギターとピアノを中心に、シンプルな構成で、破局や孤独などパーソナルな内容で大人のほろ苦い感情を歌った作品だった。2作目の『Cold As The Glayコールド・アズ・ザ・クレイ』はカントリーやトラッド・フォークなど、グレッグ自身が幼いころに聴いて育ったアメリカのルーツ・ミュージックに回帰した作品だ。

そして今作も前作同様のメンバーであるBrett Gurewitz(ブレッド・ガーヴィッツ)がプロデュースを担当し、ドラッド・フォークやカントリーなどのアメリカルーツ・ミュージックが中心の作品だ。ただ前作と違う点はグレッグが多感な時期に影響を受けたCrosby Stills Nash & Young(クロスビー・スティルズ ナッシュ&ヤング)のようなフォークロックな曲もある。アコースティックギターギターで、バッド・レリジョンの激しさとは真逆な、穏やかな感情で軽快に歌っている。

悲しみや哀愁や切なさなどが漂って前々作や前作と比べると、今作では雪解けの春を迎えたような穏やかな温かさ牧歌的な明るい曲が多い。どうやら農地の美しい風景にインスピレーションを受け、この作品が作られたようだ。グレッグ自身は、宗教の欺瞞に対する怒りや、破局などの悲しみや心が引き裂かれるような思い、その反対にある人がうらやむ栄光も手にしている。いろいろな経験をしている人物なのだ。人間関係で生じる軋轢や争いにいささか疲れているのかもしれない。一息入れたいそんな思いを農地という長閑さメタファーに置き換え、平穏を感情を歌っているように思えた。だれもが休息を必要としているのだ。そんな思いを感じる作品だ。

2017/11/02

The Kominas (ザ・コミナス) 『Stereotype (ステレオタイプ)』

A1166260763_10


マサチューセッツ州出身のパキスタン系アメリカ人のよるパンクバンドの15年に発表された4作目。彼らはマイケルムハンマドの小説、『Taqwacores(タクワコア)』によって、その存在を世間に知られるようになったバンドだ。

彼らは政治的な問題を歌うよりも、イスラム教徒の世間的な話題に重点を置いているという。そのためそんなにシリアスなアティテュードを持っていないようだ。あくまでも音楽に重点を置いた活動をしているという。

その音楽性は、トルコやイランなどの中近東の音楽やパンジャブ民族音楽、サーフロック、レゲェやダブと、パンクとの融合。1作目の『Wild Nights in Guantanamo Bay(ワイルド・ナイツ・イン・グアンタナモ・ベイ)』で中近東音楽とパンクとの融合を目指し、2作目の『Escape to Blackout Beach(エスケープ・トゥ・ブラックアウト・ビーチ)』でアジアンなメロディーに、スカやレゲェを融合した。3作目の『Kominas(コミナス)』ではスカやレゲェを突き詰めた。そして4作目となる今作でも、前作のレゲェとパンク路線を踏襲している。

とくに変化したのはリズムで、スローテンポな曲が増えている。“Again & Again”は低音グルーヴのレゲェな曲で、“See Something, Say Something”は空間を切り裂くダブな曲。全体的にパンクな曲は少なくなったが、バラエティーに富んだレゲェの曲が増えた。そこには南の島をイメージさせるトロピカルで美しいメロディーがあり、ゆったりとした脱力ムードが漂っている。そこには民族問題や社会問題をシリアスに捉えず、社会風刺としてとらえているような穏やかさがある。

ひとつの音楽性にとどまることを嫌うバンドなのだろう。この作品でもいろいろなことにチャレンジしている。意欲的な作品だ。

 こちらから購入可能

2014/12/30

Against Me! (アゲインスト・ミー!)   『Transgender Dysphoria Blues (トランスジェンダー・ディスフォリア・ブルース)』


Transgender Dysphoria BluesTransgender Dysphoria Blues
Against Me!

Total Treble Music 2014-01-20
売り上げランキング : 178190

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 14年発表の6作目。この作品が発表されたとき、ぼくは大いに戸惑った。正直、いまでもどう受け止めればいいのか分からない。それほどのぼくを混乱に陥れた作品なのだ。

 ボーカルにしてフロントマンであるトム・ガベルが、トランスジェンダー(自分の性別に違和感のある人-―ゲイとは違い女性と結婚もしているし子供もいる)であることを告白したのが2012年。そして自らの名前をローラ・ジェーン・グレースに改名。今後はホルモン注射を受け、生きていくことを発表した。

 そんなプロセスを経て発表された今作は、『トランスジェンダー・身体的違和感・ブルース』というタイトルが示すとおり、トランスジェンダー/セクシャルマイノリティをテーマに歌われている。 サウンド的には、前作同様メロディーとリズム&ブルースに重点を置いたメロディック・パンク・サウンドを展開している。とくに進化をしている部分を上げるのなら、エモのようなキラキラメロディーを取り入れてたところか。前作よりもメロディーは美しくなっている箇所もあるが、とくに女性っぽく軟弱になった変化は見られない。総じて前作のように男っぽいサウンドを展開している。英語の分からない日本人からすれば、見た目や歌詞、アティテュードの変化を知らなければ、彼らが大幅に変わったことが理解できないだろう。それほどサウンド的には変わっていないのだ。

 だがやはり歌詞は考えさせられるものがある。“トランスジェンダー・ディスフォリア・ブルース”では、<あなたが可愛い女の子を見るような眼差しで私を見てほしい。でもゲイである私にはそれはかなわない夢。そしてあなたと二人で、私が幼いころから楽しんできたサーフィンをしながら、一日を過ごしたい。>そこには男でありながら女心を持ち、ゲイであるゆえに常人には理解されない感情と、結ばれることのない愛について歌っている。そしてトランスジェンダーの真の気持ちを歌った“トゥルー・トランス・ソウル・レベル”。そこでは男で産まれたのなら男であるべきという考えや、母親や妻を裏切ってまで女性になっていいのかという罪悪感や倫理観への葛藤に悶え苦しみながらも、トランスジェンダーになることを決断した内容が書かれている。自身が抱える深刻な問題に逃げず正面から立ち向かっているのだ。

 もしバンドで生活していくことを第一義に考えるのなら、トランスジェンダーであることを隠して活動を続けていくほうが、人気も落ちないし、最良の選択だろう。だがそれを許さなかったのは、バンド活動を始めたきっかけになったのイギリスのアナーコ・パンク・バンド、クラスの多大な影響にあるからだろう。クラスの反社会的でサッチャー政権という巨大な政治機構に立ち向かっていく姿勢や、マイノリティーであるフェミニストを擁護する内容の歌詞に憧れているから、黒いTシャツとGパンという格好のパンク・バンドを始めたのだ。たとえ命が狙われ、少数はゆえに多数派から叩かれても、自分たちの信念を貫くクラスの姿勢に憧れているから、トム・ガベル自身も、人気が落ち、忌み嫌われると判っていてもトランスジェンダーであることを告白をしたのだ。そういった意味では、どんなことがあっても自分の信念を貫ける真のパンク・アティテュードをもったバンドだといえるだろう。

 だがヴィジュアル的に正直、ぼくの心を惹かれるカッコいい存在のロックではない。イカれている、猥雑、歪んでいるといった世間的に悪い意味で使われる言葉がいい意味で使われるロック特有の逆説もここには存在しない。髭の濃さなどの男っぽさを残しながら女装をするトム・ガベルを、常人と同じように気持ちの悪い目で見ている自分が存在する。正直カーボーイの猥雑で荒々しい男くさいサウンドと姿が好きだったので、トランスジェンダーの告白に裏切られた気持ちもどこかある。だがトランスジェンダーであるがゆえにけっして結ばれることのない恋愛感情と、差別への歌詞には胸が詰まるような悲しさと切なさを感じたのも事実だ。この作品で新しい見地を知ったのも事実だ。正直いまだにどのような評価をすれば分からず混乱している。いろいろな意味で考えさせられる作品だ。

2014/12/25

Against Me! (アゲインスト・ミー!)   『Total Clarity (トータル・クラリティー)』


Total ClarityTotal Clarity
Against Me!

Fat Wreck Chords 2011-05-22
売り上げランキング : 532784

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 11年にファットレック・コーズから発表された『サーチング・フォー・ア・フォーマー・クラリティー』のデモ音源。『アズ・ザ・エターナル・カーボーイ』のデモ音源、『オリジナル・カーボーイ』に続き発売された作品だが、よほど彼らのデモ音源には需要があるのか、今回もまたファットレック・コーズから発売された。

 その内容は、『サーチング・フォー・ア・フォーマー・クラリティー』と『トータル・クラリティー』で曲名がかぶる曲は、アレンジの肉付けがされていないデモ音源のまま。計11曲が収録されている。『トータル・クラリティー』のみに収録されている未発表曲は、“エグハースチョン・アンド・ディスガスト”と“ロスト・アンド・サーチング・イン・アメリカ”の2曲。アトランタのロックバンド、ブレインズの“マネー・チェンジズ・エヴリシング”のカバー曲が収録。“サーチング・フォー・ア・フォーマー・クラリティー”が“トータル・クラリティー”と名前を変えアレンジ違いで収録され、計3曲の未発表曲と、アレンジ違いが12曲の計15曲が収録されている。

 これを聴けば、エモ界の名プロデューサーといわれたJ・ロビンスの趣向性が見えてくる。前回のデモ音源集の『オリジナル・カーボーイ』よりも、ギター・アレンジを導入し、隙間なく音を詰めこんでいる。しかも曲をボツにし、新たな曲と入れ替えたり、細部にまで音のこだわりをみせている。今作に限っていえば、そのアレンジのこだわりが、前作と似たような作品という評価を回避し、飛躍的に進歩した作品になっているのだ。名プロデューサーのこだわりが劇的にアルバム全体を良くしているのだ。

 ネイキッドでむき出しの生々しさがあった『オリジナル・カーボーイ』から研磨するように丁寧な仕上がりになった『エターナル・カーボーイ』と比べると、『トータル・クラリティー』からいろいろな音を加えていった『サーチング・フォー・ア・フォーマー・クラリティー』への仕上がりの過程は、全く違っていて面白い。その変化の過程を比べるだけでも価値のある作品だ。

2014/12/20

Against Me! (アゲインスト・ミー!)  『White Crosses (ホワイト・クロス)』

White CrossesWhite Crosses
Against Me!

Total Treble Music 2011-07-25
売り上げランキング : 387137

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 10年に発表された5作目。彼らの持ち味であったカーボイスタイルのメロディック・パンクな要素が薄れ、前作以上にメロディーに重点を置いた作品。ここまでくるとただのメロディック・パンク・バンドになってしまった気もする。だが、叩きつけるような強靭なリズムやアコースティックをベースにしたギターサウンドは健在である。

 よりメロディックに深化した今作は、前作の強靭なリズムとメロディーとコーラスに力を入れた路線を、さらに推し進めた作品といえるだろう。情熱に任せただ前へグイグイ進んでいくような熱気が魅力のボーカルも、いささか熱気が薄れ、丁寧に歌っている印象だ。たとえば“ビコウズ・オブ・ザ・シェイム”では、軽やかで繊細なピアノ音からは、ほんの少しの切なさを加えた優しい思慮深さを感じる。ずきずきする痛みとともにと名付けれれた“エイク・ウィズ・ミー”は、そのタイトルとは真逆の星空を見上げているようなロマンティックなバラード。“ワン・バイ・ワン”では、固い決意を感じさせる希望に満ちあふれた明るいメロディーが魅力。

 メロディーに力を入れたためか、全体的にホップで聴きやすく明るくカラッと爽やか。そして優しくロマンティックになった印象を受ける。本来彼らの魅力は、バーボンが似合う土臭いカーボーイのような男くささにあった。今回それがなくなり残念に感じる部分もある。だがこのポップさもさほど悪い作品というわけではない。ちゃんとスウィートな感情が込められているし、いままでなかった一面をさらけ出したという意味では、また違った魅力を引き出した作品といえるだろう。

 なお11年には、『ホワイト・クロス』に、ボーナストラックを4曲追加したディスク1に加え、『ブラック・クロス』というデモや未発表曲を収録した2枚組みのアルバムにヴァージョンを発表した。そちらのほうが彼らがなぜ、メロディックに深化したか、その過程がよく分かる。おそらく『エターナル・カーボーイ』と同じような作品を作りたくなかったから、今回メロディックに深化したのではないか。

2014/12/10

Against Me ! (アゲインスト・ミー!)  『Original Cowboy (オリジナル・カーボーイ)』


Original CowboyOriginal Cowboy
Against Me

Fat Wreck Chords 2009-07-06
売り上げランキング : 708722

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 09年にファットレック・コーズから発表された『アズ・ザ・エターナル・カーボーイ』のデモ音源。この作品が発売された経緯はよく分からないが、完成系である『アズ・ザ・エターナル・カーボーイ』と、デモ段階である『オリジナル・カーボーイ』では、異なる部分が多々あった。その理由は、アルバムを発表する際に、ファット・マイクの意向で、かなりの部分でサウンドに修正が加えられているからだ。確かにその修正のお陰で、『アズ・ザ・エターナル・カーボーイ』がすばらしい作品に仕上がったことに間違いはない。だが感情がダイレクトに伝わるシンプルな作りで、ネイキッドでむき出しの生々しさがあるこのデモを、異なる魅力のある作品として発表したかった気持ちもどこかにあったのだろう。だから今作の発表にいたったのではないか。

 たとえば“アンサッブスタンチニーデッド・ルモアーズ”の『オリジナル・カーボーイ』版では、コードギターの厚みのある音が中心だが、『アズ・ザ・エターナル・カーボーイ』版では逆にシンプルなアコースティックギターに変更がされている。また“ターン・ゾウズ・クラッピング・ハンズ・イントロ・アングリー・バレッド”の『オリジナル・カーボーイ』版は、いろいろと詰め込みカオスと化した音が、『アズ・ザ・エターナル・カーボーイ』版では整理されしっかりとまとめらている。『アズ・ザ・エターナル・カーボーイ』のほうが全体的に音が軽く、ブラッシュアップを重ねた『アズ・ザ・エターナル・カーボーイ』のほうが完成度はやはり圧倒的に高い。だが『オリジナル・カーボーイ』には、未熟さゆえの熱意や衝動といった魅力がある作品であることに間違いはない。

2014/12/07

Against Me ! (アゲインスト・ミー!)  『New Wave B-side (ニューウェーヴ B-side)』

Against_me__new_wave_bsides_cover

 08年に発表された。シングルのB面を集めたアウトテイク集。ダウンロードのみの販売。メジャーデビュー作となった“ニューウェーヴ”は、シングルカットされた曲が4曲もあった作品だったのだ。まず“ジプシー・パンサー”は、“ストップ”のB面に収録された曲。“ソー・マチ・モア”は、“ニューウェーヴ”のB面。“フル・セッシュ”は“ホワイト・ピープル・フォー・ピース”のB面。“アンタイトルテッド”は、アルバム『ニューウェーヴ』のデラックス・エディションに収録されたボーナストラック。“ユー・マスト・ビー・ウィリング”は“スラッシュ・アンリアル”のB面。計5曲が収録されている。

 5曲ともアルバムに収録されててもおかしくないくらい、クオリティーの高い曲だが、この曲たちが選考からもれた理由は、似たタイプの曲がアルバムに収録されているのと、アルバムの雰囲気とかけ離れた曲のためだろう。たからだろう。たとえば“ジプシー・パンサー”はリズムを重視した曲で“ソー・マチ・モア”と“アンタイトルテッド”メロディック・パンクな曲。“ホワイト・ピープル・フォー・ピース”とタイプがかぶっているから選考から外れたのだろう。

 そしてダブ調“フル・セッシュ”や“ユー・マスト・ビー・ウィリング”のアコースティック・バラードはいままでなかったタイプの曲だが、あまりにもアルバム世界観とはかけ離れているから、選考からもれたのだろう。だがこの2曲に関してはアゲインスト・ミーのなかでいままでなかったタイプの曲だ。ダブ調“フル・セッシュ”は闇夜にきらりと光るナイフのようなとがった曲で、枯れと渋みの効いた切ないバラードの“ユー・マスト・ビー・ウィリング”は、心にしみる名曲だったりする。この2曲のためだけに買うのもいいと思う。それほど価値のあるアウトテイク集だ。

2014/12/06

Against Me (アゲインスト・ミー!)  『New Wave (ニューウェーヴ)』


New WaveNew Wave
Against Me

Sire / London/Rhino 2007-07-23
売り上げランキング : 233184

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ついにメジャーデビューをはたした07年発表の4作目。彼らの出世作。アメリカでは、アゲインスト・ミーがインディーからメジャーに行くことで、セルアウトと捉えるファンも多かったようだ。インディーレーベルが100万枚の配給と売り上げを記録できる昨今、いまだ根深く過去の風習が残っているようだ。

 だが彼らは全くといっていいほど変わっていないし、今作も前作の延長上にあるサウンドを展開している。カントリー&ウエスタンの要素こそ薄れたが、ベースとなる男くさい怒声のボーカルやパンク・サウンドに変わりはない。その分、ローリング・ストーンズのようなリズム&ブルースなどの新しい要素を今作では取り入れている。とくにこだわりを見せているのはメロディーと強靭なリズムとコーラス。叩きつけるようにリズムを刻むドラムが印象的の“ニューウェーヴ”では、リズムに合わせテンションの高さが爽快な気持ちを掻き立て、“スラッシュ・アンリアル”では、口ずさみたくなるようなポップなコラースが印象的だ。“ホワイト・ピープル・フォー・ピース”は陰りのあるメロディーが印象的で、いままでになかった王道のメロディック・パンクな曲だ。総じてポップよりに仕上がった作品だと思うが、明るく武骨で荒々しく男くさい。高いテンションと熱気が高さがすばらしい作品だ。彼らの最高傑作は“アズ・ザ・エターナル・カーボーイ”だという意見に変わりはないが、今作もその作品に匹敵するくらい高いレベルを維持している作品だ。

2014/12/02

Against Me (アゲインスト・ミー!)  『Searching for a Former Clarity (サーチング・フォー・ア・フォーマー・クラリティー)』


Searching for a Former ClaritySearching for a Former Clarity
Against Me

Fat Wreck Chords 2005-09-05
売り上げランキング : 503967

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 05年に発表された3作目。今作では前作で確立したカーボーイやカントリー&ウエスタンを取り入れたメロディック・パンクというサウンドスタイルを、さらに発展させヴァラエティー豊かなサウンドに進化している。

 今作ではプロデューサーに、テキサス・イズ・リーズンやプロミス・リングなどのエモの名盤を手がけたJ・ロビンスを起用。そのためなのか、今までになかった新しい要素が加わっている。たとえば“マイアミ”では、60年代のジャズ喫茶のような雰囲気を感じさせる艶やかなブルース、“ミディオクリー・ゲッツ・ユー・ペアーズ(ザ・ジェイカー)”はメロディーを重視したパンクナンバー。“アンプロテクデット・セックス・ウィズ・モルティプル・パートネス”はファンクのリズムにパンクの荒々しいギターを合わせた曲。“ヴァイオレンス”では、エモの長めのイントロやノイズギターを展開している。ブルースからファンク、エモやメロディーなど、ヴァラエティー豊かに新しいサウンドを貪欲に取り入れているのだ。

 これだけ新しいことにチャレンジすると、基板となるサウンドとの調和を崩し、感情移入できない作品になるケースが多々ある。ましてやメロディックパンクというシンプルなサウンドを展開しているバンドだとなおさらだ。だが彼らの場合、熱量のある歌声は変わっていないし、ベースとなるサウンドやカーボーイ気質の荒々しい男くささという精神性がブレていない。だからいい作品に仕上がっている。

 なによりポリティカルな姿勢が貫かれている。日本語で「かつての明瞭さの検索」と名付けられたタイトルが示すとおり、今作では明瞭さの検索を軸としたコンセプトアルバムなのだ。歌詞は政治的で、とくにブッシュ政権について非難の言葉を発している。シングル曲になった“フロム・ハー・リップス・トゥ・ゴッズ・イアーズ(ザ・エナジャイザー)”では、イラク戦争について語り、アメリカ軍人をテレビゲーム感覚で平気で人を殺していくライス国務長官に向けて、明瞭さを欠いた人間のおろかさを歌っているのだ。

 前作のシンプルさも最高だったが、今作では憤りや怒りに満ち溢れた曲、ガッツにあふれた曲、内省的な曲など、前作よりも感情のヴァラエティーが豊富にな、人間味豊かな表情のある作品に仕上がっている。前作に匹敵するくらいいい作品なのだ。

2014/11/21

Against Me (アゲインスト・ミー!)  『As the Eternal Cowboy (アズ・ザ・エターナル・カーボーイ)』


As the Eternal CowboyAs the Eternal Cowboy
Against Me

Fat Wreck Chords 2003-11-03
売り上げランキング : 386332

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 02年発表の2作目。彼らの最高傑作はこの作品。ベースがダスティン・フリドキンからアンドリュー・スワードにメンバーチェンジ。そのせいか、前作よりもボーカルの余分な力が抜け、男くさい気合いの入ったサウンドに仕上がっている。例えるなら、前作がバンジョーかたてソンブレロを被り、悲哀が入り交じったメキシコ風のカーボーイだとすると、今作はガンマンとバーボンが似合う土臭く荒々しいカーボーイ像だ。

 今作で多く変わったのは、やはりボーカルの歌い方だろう。前作までは苦しみに満ちた叫び声だったが、今作では気合の入った男くさい怒声へと変化している。ここには前作にあった羨望や理想への変身願望、悲哀やといった感情は見当たらない。“パーティーは終わった”という一節から始まり、突貫のような勢いで突き抜けていく。そこには祭りのあとの虚しい感情から始まり、開き直ったような気楽な感情がある。意気込んでも仕方がない、自分の好きなことを気楽にやろうとする意志と、猥雑で荒々しいエナジーに満ちている。熱さを通り越して、すがすがしさすらを感じ取ることができるのだ。

 彼らの個性であるカーボーイスタイルやカントリー&ウエスタンをベースにしたメロディック・パンクも、スカ調のノリのよさを取り入れたり、アコースティックギターとエレキギターの分厚いコードギターの2つになったお陰で、溶け合うバターのようにサウンドが融合した。口ずさみたくなるほどポップで、ここでは聴いていて、熱くなるし、勇ましい気分にもなる。どこかルーズで荒々しいカーボーイサウンドはカッコいいし、最高。それらが最高傑作の所以なのだ。

より以前の記事一覧

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク