Brett Anderson 『Black Rainbows』

ブラック・レインボウズブラック・レインボウズ
ブレット・アンダーソン

インペリアルレコード 2011-10-19
売り上げランキング : 6432

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 スウェードのボーカル、ブレッド・アンダーソンの4作目となるソロアルバム。7年ぶりに復活したスウェードのあとに発表された作品だが、これがすごくよくできている。おそらくソロ最高傑作ではないか。

 いままでブレッドのソロは、スウェードとは一線を画した活動だった。前々作の『スロー・アタック』、前作の『ウィルダネス』では、奇妙でソフトなフォークで、ロックとは異なった音楽性を追求していた。いうならブレッド自身、ロックサウンドに飽きしまっていたかのように思えた。

 それがこの作品にて、ロック・サウンドへ回帰。ブレッド自身、スウェードを復活させたことによって、ロックへの渇望が生まれたようだ。おそらく過去を振り返った理由は、結婚した男性が母親の味を懐かしむように、自分が好きで始めたロックが恋しくなったからだろう。

 とはいっても明らかにスウェード時代とは違う。確かにサウンド的にはスウェードの延長上にあるブリットポップだ。ゆったりとリズムでバラードで、ビューティフルなサウンドを追求している。そのあたりはスウェード時代と変わらない。だが決定的に違う点は、ギターに重点が置いていない部分と、感情の方向性にある。スウェード時代はエモーショナルで直情的だった。いかにも英国人らしいブラックジョークと皮肉に満ちた歌詞で、若さゆえの無軌道な暴力衝動や、未来への絶望、やるせない思いを歌っていた。いうならそのときの衝動を歌詞にしていたし、いい意味で屈折していた。

 その時期と比べると心境の変化が窺える。たとえばすべてに立ち向かい壁をこじあけようと歌っている“ブリトゥルハート”では、苦労を経験してきたうえでの固い決意を感じる。スウェードでは、輝かしい栄光から挫折、批判など、酸いも甘いもすべて経験してきた。そんな苦難を乗り越えた先の音が、この作品で鳴らされている。感情の抑制が効いたアダルティックなボーカル。ささくれ立った空気をなだめるように響くギターの音。そして朝露のようにキラキラと美しく輝くキーボードの音粒。まるで暗い雲から日射しが立ち込める朝の光のように、希望とどっしりとした落ち着きと固い決意がある。

 そこには制御の利いた大人の落ち着きがある。挫折や苦労を経験したことによって、ブレッド自身、アダルティックな新しい表現を獲得することができたのだ。その表現方法を、原点であるロックサウンドに還元することによって、新しくもう一度、ロックサウンドを蘇らすことに成功したのだ。まちがいなくスウェード全盛期に次ぐ傑作だ。

 なお日本盤のボーナストラックには、“サビッジ・ダンス”という、アルバムに収録されていても遜色がない名曲が収録されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)