プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


ブルータルデスメタル

2018/08/08

01101111011101100110111001101001 『S / 2004S3』

O0300030014133674958

出身地が火星のブルータル・デスメタル・バンドの18年12月に発売されたデビューEP。Disgorge(ディスゴージ)から始まったブルータル・デスメタル・シーンも、エジプト神話と結びついたNile(ナイル)や、ファミコンの16連射のような壮絶ブラストビートのBrodequin(ブロドカン)、メロディーフレーズをぶち込み、テクニカル・ブルータル・デスメタル・シーンの最前線にいるDeceptionist(デセプティオニスト)など、亜種進化を繰り返えしてきた。

そしてまた新たなバンドが現れた。高速ドラミングとノイズギターの音の壁が印象的なDeeds of Flesh(ディードス・オブ・フレッシュ)を発展させたサウンド。そこにエイリアンの吐き出す緑色の液体のような奇怪な叫び声のデス声と、SF映画の効果音や、マトリックスのような奇怪なデジタル音を合わた。

血の付いた生首のような猟奇的な残虐描写が多いブルータル・デスメタル・シーンで、宇宙人のマスクを被った奇怪ないでたちで、まるでUFOに誘拐されるような恐怖。エイリアンのような緑を基調とした不気味な世界が広がっている。過激なサウンドを追求した現メタル界での、最新の進化がここにあるのだ。

ちなみにバンド名の01101111011101100110111001101001は、ASCIIで文字コード変換をすると、OVNIになり、日本語で未確認飛行物体という意味だ。

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク