プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


M

2016/07/07

Modern Pain(モダン・ペイン)  『Peace Delusions(プリーズ・デリュージョン)』

Peace DelusionsPeace Delusions
Modern Pain

Bridge Nine Records 2015-09-17
売り上げランキング : 947463

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

15年に発売されたダラス出身のハードコア・バンドの1st。ニュースクールやオールドスクールなどの発展型と違い、独特なハードコアを展開している。

その彼らならではの独特なサウンドとは、荒れ狂うノイズが渦巻くハードコア。ベースにあるのは、初期スロッピング・グリッスルをさらに荒々しくした暴虐ノイズ。そこに勢いあるハードコアを加え、爆裂ノイズなハードコアを展開している。

ノイズが中心のサウンドだが、それにしてもいろいろな音楽を咀嚼している。スクラッチ・アシッドやジーザスリザードのポストコアから、2コードのディスチャージ、超絶テクニックのパワーヴァイオレンスに、重厚なメタルのニュースクール系ハードコアのリフ、SSDやポイズン・アイデア、インフェストから多大な影響を受けたオールドスクール・ハードコアの焦燥感など、いろいろな要素を、バリバリと響く、不快で攻撃的な雑音ノイズにまとめ上げている。

全体的に80年代のハードコアの匂いが強いサウンドだが、そこには徹底して破壊しつくまでの暴虐性が支配している。全体を支配している鼓膜が破れる勢いのバリバリ響くノイズには灰をも残さないほど徹底的に焼き尽くす爆撃機のような衝撃を感じることができるし、怒りの絶叫をあげるボーカルからは強烈な加害者意識を感じる。ここには悲しみや哀れみなどのダウナーな感情は一切ない。あるのは怒りや衝撃といった躁の感情のみだ。これほど荒れ狂い不快なサウンドを追求しているハードコアはひさびさに出会った。すばらしい。

2015/12/23

Malfunction (メルファンクション)  『Fear of Failure (フィアー・オブ・フェルリア)』


Fear of FailureFear of Failure
Malfunction

Bridge Nine Records 2015-11-19
売り上げランキング : 209187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ニューヨーク州バッファロー出身のハードコア・バンドのデビュー作。クイックサンドからスナップケースへと進化していくニューヨーク・ハードコアの伝統を受け継ぎ進化させたバンド。ニュースクール・ハードコアの正当なる後継者。

 彼らのすばらしさはスナップケースやスラッグフェスト、ディスパイヤなどの90年代のチュガ・チュガ・バッファロー・ハードコアと呼ばれるサウンドを、総まとめにし、さらに進化させた部分にある。スナップケースの変則的なギター・フレーズを、よりバラエティー豊かに増やし、スラッグフェストのスローテンポで刻むグルーヴと、鉄骨を叩きつけるような重厚なギターサウンドを加えた。怒りを叩きつけるようなかすれ気味の怒声は、デスメタルからの影響を全く感じないボーカルで、ニューヨーク・ハードコアのボーカルスタイルの伝統を踏襲している。ノイジーにソリッドにタイトに進化させたサウンドは、より過激に攻撃的に前へ変化しようとする軌跡を伺える。

 そしてなによりすばらしくオリジナルティーを感じるのが、急激に変わっていく曲展開。ミドルテンポからいきなりブラストビートの急ピッチに変わる緩急をつけた複雑な曲展開は、ニューヨーク・ハードコアの伝統的な要素を取り込み、集約しながらも、彼らしかないオリジナルティーあふれるサウンドを展開しているのだ。

 まるで吐く息も凍る厳しい寒さのなか、金属と金属、肉体と肉体がぶつかり合うような音の迫力と気合。そんな緊迫感と気迫に満ちた空気が全体を支配しているのだ。

 ニュースクール・ハードコアの最新版という意味だけでなく、硬質なサウンドの迫力もすばらしいといえる内容の作品だ。

2012/06/15

MARITIME『HUMAN HEARTS』

ヒューマン・ハーツヒューマン・ハーツ
マリタイム

contrarede 2011-05-25
売り上げランキング : 275579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11年発表の4作目。前作からじつに4年ぶりとなる。これだけ歳月がかかった理由は、おそらく音楽への情熱がうせていたからだろう。やりたいサウンドのインスピレーションが湧かなかったせいなのかもしれない。だからなのか、前作までの明るさは消え、目の前にふさがる霧のようにふかい悩みや内省のように暗くなった。

 今作ではブリット・ポップやメロディック・パンクを中心に、ギャング・オブ・フォーのカッテング・ギターや、透明なメロディーなどの要素を加えている。感触としてはプロミス・リング時代の4作目に似ている。だが決定的に違うのは、ボーカルの歌い方。そのオアシスやヴァーヴのような、ビブラートを使い、伸びのある高音を重視したアダルティックな歌声だ。そこには、いままでのチープでなまみの感情が伝わってくるような素朴な温かさはない。叙情的でクールな感情だけを切り取った世界観がある。

 個人的には彼らの素朴さやくよくよ悩んでいないで、とりあえず行動しようよ、といった姿勢が好きだった。だが新しいサウンドにチャレンジをし、同じ方向の感情を表現しないという意味では、評価できる作品ではないか。



2012/06/02

マリタイム 『ウィー・ザ・ヴィエクルズ』

We, the VehiclesWe, the Vehicles
Maritime

Grand Hotel Van 2005-11-03
売り上げランキング : 740940

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 06年に発表された2作目。ネオアコ、フォーク路線だった前作から、REMやトラヴィス、スミスなどに影響を受けたオルタナティブロック路線に変更された。

 今作ではドラムとベースのリズムを中心に、美しいメロディーが絡む展開。彼らはけっして、これまでになかった新しいスタイルサウンドという、オリジナルティーで勝負するアーティストではない。だが彼らの魅力はその人柄がにじみ出た音楽と、一貫してぶれない世界観にある。そのメロディーは、若葉のように明るく穏やかでまろやか。シャボン玉のように幻想的で浮遊感のあるキーボードからは、ふあふあとしたやすらぎに満ちた穏やかさを感じる。そこには悲しみや怒り、コンプレックスなどのネガティブな感情はまったくない。慰めと励ましに満ちたポジティブなエナジーにあふれている。それが彼らの世界観であり、人柄のよさが如実にサウンドに反映されている。

 これを聴けばやさしい気持ちになれるし、明日への活力になる。なにより懸念や憂鬱を吹き飛ばしてくれる姿勢がいい。人生とは行動こそがすべて。頭のなかだけで悩む必要はない。その理由は不安を考えなくても全部うまくいくから。彼らの音楽は、ぼくにそう訴えかける。



2012/05/27

マリタイム 『グラス・フロアー』

Glass FloorGlass Floor
Maritime

Grand Hotel 2004-08-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 03年に発表されたデビューアルバム。前EPでネオアコースティックというマリタイムのサウンドを提示したが、今作ではその延長上にある作品だ。EPはスミスに影響を受けたイギリスのネオアコースティックが中心だった。今作ではバーズやREMなどのアコースティックロックや、バラード、アメリカのフォークソングなどの要素が加わった。

 スミスの影響を感じるといっても、メンタル面では受け継いでいない。そこにはアメリカ人特有のストレートな表現と、手作りの素朴さがある。まるで焚き火をしながら夜空を見上げているようなロマンチックに浸るような心洗われる気持ちや、マシュマロのように柔らかくシュールで素朴な雰囲気が漂っている。総じて牧歌的で、のどかで、ソフトで優しい。いうなら自分を励ますような癒し系の音楽を展開している。そこが屈折した表現で惨めな自分を輝かせていたスミスとの違いだろう。アメリカ中部特有の広大で土臭い匂いがとても好感の持てるいい作品だ。


2012/05/22

マリタイム 『アディオス』

Adiosmaritime_

 03年に発表されたデビューEP。エモの代表格だったバンド、プロミス・リングのフロントマンであるボーカル&ギターのデイヴィーとドラムのダン、ディスバメント・プランのベース、エリックによって、結成されたバンドがマリタイムだ。

 プロミス・リングを解散させ、マリ・タイムを結成した理由は、単純に異なるサウンドのバンドをやりたかったからだろう。インタビューでデイヴィーは、「バッド・レリジョンのように同じサウンドで何十年もバンドを続けたいと思わなかった」と、発言していた。いうならプロミス・リングをみずからの青春の一ページとして捉え、終わったこととして完結し、また新たな一歩を踏み出したということだろう。

 そのサウンドはオレンジ・ジュースやスミスに影響を受けたネオ・アコースティック。エモーショナルでローファイギターサウンドが魅力だったプロミスリングと比べると、エモーショナルは稀薄で、ギターは軽く透明でなよなよしている印象さえある。

 だけどアメリカのバンドであるせいなのか、そこにはイギリスのバンドのような洒落た洗練さはない。どこか土臭さを感じる。アメリカ人特有のストレートな表現が目立ち、スミスのような屈折もない。でもそこがいいし、このバンドの魅力だろう。現在、このEPは廃盤となっているが、次に発表される日本盤のデビューアルバムに全5曲が収録されている。

2012/05/19

MY CHEMICAL ROMANCE 『DANGER DAYS』

デンジャー・デイズデンジャー・デイズ
マイ・ケミカル・ロマンス

ワーナーミュージック・ジャパン 2010-11-24
売り上げランキング : 37521

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 10年に発表された4作目。過去の面影がなくなるほど、劇的に変わった作品。もはや彼らの個性であるゾンビメイクやダークスーツなどのヴィジュアル的な魅力はない。荒々しいサウンドや、初期から彼のコンセプトである<死>についての隠喩や屈折を交えた歌詞もなくなった。すべて捨て再出発をはかった。

 彼らの変化の兆しは今作の前に発売された『ザ・ブラック・パレード・イズ・デッド』と名付けられたDVD付きのライヴアルバムからあった。そこに収められているMCで「ブラック・パレードはラスト・パフォーマンスになると宣言している。ここで死というコンセプトと黒い衣装を纏ったヴィジュアルに、終わりを告げたかったのだろう。そこまでして彼らがいままで築いてきたすべてを捨てたかった理由は、黒い衣装でゾンビメイクをすることに辟易したのと、 死を表現し続けることに対して疑問と限界を感じたからだ。このまま同じことを繰り返していれば、ミュージシャンとしてモチベーションを保つことは難しかっただろうし、生まれ変わる必要があったのだ。それと、いくらファンに評価されてもとどまることをよしとしない、彼らの元来の皮肉さが変化を求めたのだ。

 そして今作では死とは対極にある生きている実感と衝動をテーマにしている。ヴィジュアルはバイカーのように男らしくなり、歌詞は変わらず恋愛をテーマにした内容が多い。だが、“プラネテリー”では<全部台無しにしゃえ>、とか、<一緒にパーティーを抜け出そう>や、<加速していくしかない>などの、ゼロからやり直して再出発をはかりたいといった内容が目立つ。そこには新しく始めることへの情熱も感じられる。

 その気持ちが反映されているためか、サウンドもエネルギッシュで明るい。今作では初期パンクのような扇情的なサウンドに、ディスコ・エモなどのエレクトロの要素を合わせた。そこにはギターが水しぶきのようにキラキラと光って美しく、気持ちを高ぶらせてくれる。ビューティフルなメロディーと、生への躍動感を表現するようにエレクトロニクスがピコピコとなっている。まるで生きている実感を味わっているかのようなアドレナリン全快の衝動と、開放感に満ちている。やや内向きでダークで息苦しくも甘美な前作までとは、真逆の位置にある。

 個人的には前2作のほうが好きだが、このアルバムにもいい部分がある。それは築き上げたすべてを捨て、前向きに新しいことにチャレンジしていく姿勢。これだけ売れると保守的になり、確立したイメージに固執するものだが、彼らはあえて変化した。それだけでも価値のある作品だ。

2012/05/10

MY CHEMICAL ROMANCE 『LIFE ON THE MURDER SCENE』

ライフ・オン・ザ・マーダー・シーン(DVD付)ライフ・オン・ザ・マーダー・シーン(DVD付)
マイ・ケミカル・ロマンス

ワーナーミュージック・ジャパン 2006-04-26
売り上げランキング : 77902

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 06年に発表された2枚組DVDとライヴ・アルバムが収録された作品。CDは各都市で行われたライヴと、未発表曲を収録。DVDはライヴ映像にメイキング映像とプロモーションビデオを加えた内容。もう一枚のDVDには結成から現在までのヒストリーと、エピソードが本人たちの口から語られている。このDVDを見れば、彼らがエモでもスクリーモ・バンドではないことが理解できるし、ヴィジュアル的な魅力も理解できる。それに加え、この時点での彼らの活動を総決算した内容だ。

 この3枚のなかで注目すべきは、いままでの活動を振り返ったDVDだろう。そこには結成秘話から自らのサウンドのルーツ、メンバーの絆などが語られている。とくに印象深かったのは、ライヴ・パフォーマンスについて赤裸々に語ったシーン。本来、彼らの魅力とは、毎回ハイ・テンションで行われるライヴにあった。とくにボーカル、ジェラルドの全身全霊をふり絞った壮絶なパフォーマンスには、このライヴでジェラルドのすべてが終わってしまうのではないかと感じるほど、刹那的な美しさを解き放っていた。しかしその裏側では、精神を高揚させるための、抗うつ薬とアルコールが欠かせなかったという。ジェラルドは、テンションをハイに持っていくため、薬とアルコールに頼っていたのだ。しかし薬とアルコールに頼るあまり、次第に依存症になり、徐々に肉体と精神が破綻していた。04年の7月には精神と体力が破綻をきたし、ライヴをまともに行いない状態になり、ライヴをキャンセルする事態へと発展した。

そして8月には、大好きなバンドを続けるため、薬とアルコールを断ち切った。メンバーの信頼がジェラルドの命を救ったとDVDでは語られている。薬とアルコールに頼らないライヴは、はじめのうちは怖かったというが 、次第に慣れて結果が現れてきた。たしかに8月以降のライヴ音源を聴くと、陽炎のように刹那的で病的なハイ・テンションさは失われた。代わりに熱く芯の強いライヴを展開している。しかもそこにはゆるぎない自信と爽やかな充実感を感じることができる。彼らは弱い自分を断ち切り、強さと自信を手に入れ、生まれ変わったのだ。

この作品では、絶頂期に起きたトラブルや、新しく生まれ変わった彼らについて語られている。彼らの見えない裏側を暴露することによって、さらに魅力が増している。彼らの苦悩がうかがい知れて、個人的には楽しかった。彼らのことを深く知りたい人にはおすすめの作品だ。



2012/04/17

MY CHEMICAL ROMANCE 『I BROUGHT MY BULLETS,YOU BROUGHT ME YOUR LOVE』

アイ・ブロウト・ユー・マイ・ブリッツ、ユー・ブロウト・ミー・ユア・ラヴアイ・ブロウト・ユー・マイ・ブリッツ、ユー・ブロウト・ミー・ユア・ラヴ
マイ・ケミカル・ロマンス

ワーナーミュージック・ジャパン 2009-03-25
売り上げランキング : 39297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 02年に発表されたデビュー作。ニュージャージのエモパンクシーンから出発し、04年発表の『スウィート・リベンジ』で大ブレイクをはたした彼らだが、この時点ではまだ個性が確立されていない。ニュー・ジャージの伝説的なハードコア・バンド、ミスフィッツのながれをくむホラーメイクで、アイアン・メイデンに影響を受けた熱く勢いあるメタルに、エモの繊細でナイーブなメロディーを加えたサウンドを展開。『スウィート・リベンジ』と比べると、ヴィジュアル、歌詞、サウンドなど、すべての部分において荒削りで未熟さを感じる。だがあとに彼らの個性となる素地は固まっている。たとえば歌詞。“スカイラインズ・アンド・ターン・スタイルズ”では9.11で世界貿易センターに飛行機が突っ込んだときにボーカルのジェラルドは、その瞬間を目撃したそうだ。そのとき感じた内容を歌詞にしている。そこでは現実の世界とはかけ離れた不条理な惨劇を見たあとで、友達を失い、心が引き裂かれるような悲しみを感じ、自分は純粋さを取り戻せるのだろうかと訝りながらも、原因を作ってしまったアメリカ人の一人として罪悪感を感じている。あとに彼らの強固なイメージとコンセプトになる<死>というものが、ここではっきりと儚くイノセントなものであることが表現されている。このあとの作品でさらに歌詞に磨きがかかるわけだが、この内容だけでも、文学的な表現にすぐれているし、インテリジェンスと才能の片鱗を感じる。サウンド的にはまだスタイルが確立されていないが、捨て曲がないし、いい作品だ。



2011/10/13

センス・フィールド/ミネラル/ジミー・イート・ワールド 『スプリット』

2072713sensefieldmineraljimmyeatwor


97年に発表された3バンドによるスプリット。ミネラルは、フォークダンス調のムーディー曲に、ノイジーギターと音程の外れたボーカルをのせている。まるでハイソサエティーが集まる優雅なパーティーに、一般人が紛れ込んだような違和感。場違いな会場で真剣歌う姿は、いい意味で屈折している。周囲に下手でカッコ悪いと嘲笑されても、自分を貫いているカッコよさがある。

たいするジミー・イート・ワールドは、野太いギターのロックナンバーで、熱くエモーショナルに歌い上げ、センス・フィールドは、メロディーギターと野太いギターコードで、こちらも熱く歌い上げている。

ミネラルはオリジナルティーがあり完成されている印象を受けるが、ジミー・イート・ワールドとセンス・フィールドは、まだ自分たちのオリジナルティーが確立されておらず、情熱だけで先走っている印象を受ける。

この作品に関していえば、ぼくは後追いで聴いた。だが現在となっては、ありえない面子が集まり作った、貴重なスプリットといえるだろう。そこには、今までのバンドたちとは違った、エモーショナルでカッコ悪くてもいいといった雰囲気が漂っているし、新しい音楽シーンが生まれる兆しを感じる。エモの始まりを告げる1枚でもあったのだ。

このあとミネラルは解散し、センス・フィールドはメジャーデビューをきっかけに失墜し、ジミー・イート・ワールドだけが成功するといった、数奇な運命を辿ることになる。

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク