プロフィール

  •    宮本 一高         (みやもと かずたか)
                                        音楽ライターを目指しているものです。EAT MAGAZINEやDOLLなどで執筆をしておりました。おもにエモ、ハードコア、スクリーモ、メロディックパンクを中心に取り上げております。自分が感動した音楽を、積極的に紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 

スポンサードリンク


V

2017/04/07

VA / ILLITERATE

R171193013639093347815jpeg

 EBULLITION Recordsのオーナーであるケントが、ヨーロッパツアーを敢行したときに、発掘したヨーロッパのバンドたちを集め、収録した92年発売のコンピレーション。 EBULLITION Recordsといえば、当時アメリカではそんなに有名でなかった激情コア、ストレートエッヂ・ハードコアシーンというジャンルを積極的に紹介していたレーベル。アメリカで、ヨーロッパの激情コア、ストレートエッヂ・ハードコアのバンドたちを紹介しようと、企画されたのが、今回の作品。ここに収録されているバンドは、Finger Print, Kina, Gnezl Drei, Wounded Knee, Condense, Nothing Remains, Ivich, Voorhees, Ego Trip, Abolition, Blindfold, Married To A Murderer, and Hypocritical Societyといったバンドたち。

 VA (EBULLITION) XXX SOME IDEAS ARE POISONOUSは、どのバンドもストレート・エッヂに対する強烈な拘りと、個々の信念を持っていた。それと比べると、強烈な信念やオリジナルティーのあるサウンドを展開しているバンドたちは少ない。あくまでもケントが共演したバンドたちをアメリカで紹介するため、ラフの気持ちでコンピを制作している。

 ここで収録されているバンドたちは、Conflict (コンフリクト)系のノイジーなハードコアから、MINOR THREAT (マイナースレット)系のスピーディーなハードコア、Fugazi (フガジ)のようなエクスペリメンタルなサウンドのバンド、RITES OF SPRING (ライツ・オブ・スプリング)系のエモーショナル・ハードコア、ポップエモなど、それなりにストレート・エッヂなバンドから影響を受けているのが理解できる。やはりヨーロッパだけあって、本場のコンフリクトからの影響を感じるのがうれしい。

 ただVA (EBULLITION) XXX SOME IDEAS ARE POISONOUSに収録されているバンドたちのような、シリアスさはここでは感じない。おそらくこの時点ではまだ、ストレート・エッヂがヨーロッパで浸透していなかったからだろう。ストレート・エッヂとは、ベジタリアンの延長上にあるような軽さなのだ。

 だからと言って決して悪いコンピではない。ヨーロッパでは、この2、3年後、マザーアースやアニマル・トゥルースなどの、良質なストレート・エッヂ・コンピレーションが出てくる。ヨーロッパにストレート・エッヂの布石を打った、初めての作品なのだ。

2016/12/13

Vanishing Life (ヴァニシング・ライフ) 『Surveillance サーヴェイランス』

サーヴェイランスサーヴェイランス
ヴァニシング・ライフ

Hostess Entertainment 2016-12-21
売り上げランキング : 219882

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元ゴリラビスケッツのウォルター・シュレイフェルズ(Vo)、ライズ・アゲインストのザック・ブレア(Gt)、AND YOU WILL KNOW US BY THE TRAIL OF DEAD(アンド・ユー・ウィル・ノウ・アス・バイ・ザ・トレイル・オブ・デッド)のオートリー・フルブライト(ba)、バッド・レリジョンのジェイミー・ミラー(Dr)ら、アメリカパンク界のスパースターたちにより結成されたバンドのデビュー作。

そもそもこのバンドが結成された経緯は、ベースのオートリー・フルブライトがウォルターに声をかけたことがきっかけだそうだ。ウォルターは当初、オートリーが声をかけてれたが、何も起こらないと思っていたらしい。そしたらある日、ジェミーとオートリーがデモを作ってウォルターに送ってきたそうだ。坂を転げるように瞬く間にバンドが進展していったそうだ。

そんな経緯があるせいなのか、このバンドに関してウォルターは、サウンドのことに対してはほとんどノータッチで、すべてジェミーとオートリーとザックに任せている。もっぱらボーカルに専念しているそうだ。

ウォルターとしてはいままでバンドを組んだ人たちは、ほぼレベシューション・レコーズと関係した人たちだった。ニューヨーク・ハードコアのコミュニーティーに何が知ら関わっていた人たちとしてしか、バンドを組んだ経験がなかったそうだ。それが今回初めて、西海岸の人たちやメロコア、オルタナなどの違うジャンルの人たちとバンドを結成したそうだ。ウォルターにとって何もかも新しいチャレンジだったそうだ。

肝心のそのサウンドは、2コード2フレーズを繰り返していくエクスペリメンタルなポスト・ハードコア。煽情的な2コード2フレーズを、同じ調子、同じ勢い、同じ感情で突き抜けていく。ギターアレンジにこだわったサウンドで、ところどころにアンド・ユー・ウィル・ノウ・アス・バイ・ザ・トレイル・オブ・デッドぽさを感じることができる。だがライズ・アゲインストっぽさは全く感じられない。8曲目の“Image(イメージ)”などからはクイックサンドのようなギターを感じるし、聴けば一発でウォルターのギターだと分かるようなサウンドの曲もある。

サウンドに対しては全く関知していないというが、ところどころにウォルターのギターの個性を感じるのは、ぼくだけなのか?個人的にはこのバンドもまたウォルターの趣味が大爆発した作品といえる。

決してそれが悪いわけではない。むしろぼくはウォルターらしさを感じるからこそ、この作品がとても好きだ。その理由はシンプルな2フレーズ2コードを執拗に繰り返すことによって、むしろ混乱した内面世界のような複雑さが生まれているからだ。まるで印象派の画家の絵のように光の部分がはっきり目立つから余計に影の部分が際立ってくる。サイケデリックでありながら攻撃的で煽情的な気分を煽り立てるサウンドなのだ。サウンドの姿勢が攻撃的なパンクだし、とてもカッコいい音だ。個人的には今年はベスト10に入るほど好きな作品。

2016/04/29

VA (EBULLITION) XXX SOME IDEAS ARE POISONOUS

Xxx

ドイツの『マーザー・アース』やスウェーデンの『ストレート・エッヂ・アズ・ファック』と並び、90年代を代表するストレート・エッヂ・コンピレーション。EBULLITION・レコードの社長であるケントが、<ストレート・エッヂは有毒なアイデアで、あなたの人生を破壊する。そして疎外感を残す。致命的なアイデアだ。>という逆説と皮肉に満ちた理念のもと、自らの厳選した筋金入りのストレート・エッヂ・バンドを集めた。サウンド形態や演奏技術より、ストレート・エッヂ思想にこだわったコンピレーション・アルバムなのだ。

だからなのかこのコンピには、サウンドの物理的な重さよりも、怒りや衝動や信念からくる熱意などの精神的な重さが、アルバム全体を支配している。収録されているバンドの数は12。それぞれにストレート・エッヂ思想という部分では共通しているが、微妙に思想が異なる。

まず1曲目のMONSTER X(モンスターX)は、グラインド・コアよりのパワー・ヴァイオレンスで、ノイジーなサウンドを展開し、際限なき人間の欲望や、資本主義社会の問題が生み出した核爆弾の恐ろしさなど、政治社会問題を取り上げた内容の歌詞を歌っている。

2曲目のVIAはおどろおどろしいノイズギターが印象的な終始スローテンポな、イントロのようなサウンドで、言葉を巧みに聞かせる。そこでは少数派の怒りや憤りを、協調や団結することでともに体制派に戦っていくことを訴えかけている。

3曲目のWELL AWAY(ウェル・アウェイ)は、ジャームスのようなハードコアパンクを情動的な叫び声と煽情的なギターで聴かせる。世欲を断ち、ストイックに真の自分のあるべき姿を追求しているバンドだ。

4曲目のFRAIL(フェイル)は、悲痛な叫び声のような華奢な歌声とノイズギターで、エモーショナルハードコアを聴かせる。パンクのような反社会的思想で、流行のファッションやスノッブなチャラ男文化を完全否定した頑固にストレートエッジを貫いている。

5曲目のPolicy of 3(ポリシー・オブ・3)は、水面をたゆたうようはノイズの中に安らぎと落ち着きを求めたイアンマッケイのエッグ・ハントのようなポストコア。ときには何もないことが高く評価され、空虚で終わることが運命づけられているという哲学を持ったバンド。ニヒリズムにあふれている。

6曲目のTREES WITHOUT LEAVES(ツリーズ・ウィザウト・リーヴス)は、スリントに影響を受けたポストロック。スリントとの違いは静謐なギターメロディーから、荒々しいノイズギターとエモーショナルな叫び声が加わり、情動的な展開へと発展していく部分か。歌詞は海を泳ぐなど、抽象的で比喩や示唆的な内容が目立ち、サウンドのイメージを大切にしているところがうかがえる。このアルバムのなかで、一番文学的な思考を持ったバンドといえるだろう。

7曲目のPROZAC MEMORY(プロザック・メモリー)は、抗うつ剤の思い出というバンド名と同様に、やばい精神世界を体現している。サウンドはノイズギターを全面にだしたエモーショナル・ハードコア。そこに幻想的なメロディーやボーカルの語りが絡む独特の展開。歌詞は地球そのものを嫌悪し、世間から疎外され見下された人間の心境を歌っている。そこに漂っているのは陰鬱な虚無感。嫌われている理由を突き止め解決する気力もなく、ただ俯瞰的に見ている。このバンドを聴いているともしからしたら、ドラッグなどをやり、幻覚を見て死の淵をさまよった経験があるのではないかと勘ぐってしまう。ポリシーや思想的な意味で自己選択をしたのではなく、長生きするため、必然的にストレートエッヂ選ばなくてはならなくなったのではないかと想像してしまう。それほどぶっ飛んだ考え方を持ったバンドなのだ。

8曲目のPOGROM(ポグロム)は、ナパーム・デスに影響を受けたグラインドコアで、ボーカルにはディストーションがかけられ、さらにデフォルメされている。ノイジーで魔界のような暴虐なサウンドとは裏腹に、歌詞はどこかシュールでシニカル。不快感は私を慰めると歌い、ストレートエッヂ以外の人を野蛮で信用できない人々と思っている。ポグロムとは大虐殺という意味。

9曲目のGROUNDWORK(グラインドワーク)は、エクスペリメンタルなエモーショナル・ハードコア。その実験性とは、エモーショナルなボーカルの叫びが絶叫に変わったのと、メロディーパートのギター、掛け合いのツインボーカルを取り入れた部分。エモーショナル・ハードコアが激情コアやスクリーモに進化していく過程の、初段階に進化したバンドといえるだろう。歌詞は、為政者によってあなたは利用され、彼らの嘘はあなたのアイデンティティを飲み込む。あなたは被害者であることに気づけと、歌っている。反体制側の思想を掲げたバンドなのだ。

10曲目のPORTRAITS OF PAST(ポートレイツ・オブ・パスト)は、フガジのようにトリッキーなギターにこだわったポストハードコア。歌詞はソクラテスの哲学のように、エモーショナルな叫び声で自らを問いかけていく。お前はそれでいいのか?や、お前に人を避難することができるのか?とか。自問自答を繰り返した結果、ストレート・エッヂに行き着いたという。ストレートエッヂに目覚めた原因について歌い、ルーツを大切にしている。いささか内省的な傾向にあるが、このバンドも他人になりをいわれようが自分の信念を貫く固い決意と意思を持ったバンドなのだ。

11曲目のTHREADBARE(トレッドベア)は、エンブレイス系のエモーショナル・ハードコアに、3人の掛け合いボーカルを合わせたサウンド。歌詞は肉食からベジタリアンに変わる心境を歌っている。肉食によって自らの体を蝕んでいた原因物質を取り除き、体の中を浄化し、自分を再構築していくことへのすらばしさを取り上げている。修行僧のように欲望を断ち切り、ストイックに突き詰めることによって得られる境地があることを示唆しているのだ。


12曲目の SHATTER THE MYTH(シャター・ザ・メス)は、フガジから発展した静と動のアップダウンのあるサウンドのエモーショナル・ハードコア。静の部分のつま弾くアコースティック・ギターが印象的。心に衝撃を与える・神話というバンド名さながら、歌詞はすべてのしがらみを抜け出し新しく生まれ変われば、至福の喜びを得られると、いささか自己啓発的な内容だ。愛の欠如などについてもふれ収録されているなかでは、一番平和的な考えを持ったバンドといえるだろう。

13 曲目のENDEAVOR(エンデバー)は、アースクライシスからの影響を色濃く感じるスローテンポなニュースクール・ハードコア。思想的にはディスチャージの流れをくむ闘争的で怒りに満ちたハードコア。歌詞は富を搾取し、戦争への引き金の原因を引き起こす富裕層と為政者への強烈な非難と怒りにあふれている。戦争とは経済的な窮迫が原因で起き、支配者層が私腹を肥やすためのもので、庶民だけが犠牲を強いられるものだと怒りを込めて訴えている。収録されているなかでも一番闘争的で、ポリティカルな姿勢をもったバンドといえるだろう。

14曲目の NONE LEFT STANDING(ノン・レフト・スタンディング)は、のちにプロミス・リングのギタリストとなるジェイソン・グネーウィッカウが在籍していたことでも知られ、ちょうどエモーショナル・ハードコアとエモ・ロックとの分かれ目にあたるバンド。そのサウンドはライフ・オブ・スプリングをもっとメロディックに仕立てたサウンド。歌詞は私の考えをあなたに伝えることによって、あなたを変えることができる。と、歌っている。自分のポリシーを、誇りとプライドをもって全面に掲げているバンドなのだ。

全体的にエモーショナル・ハードコアよりのサウンドを展開しているバンドが多いが、グラインドコアからポストコアなどの少数派のバンドもいる。全バンドがなにかしらのハードコアバンドからの影響を受けているのだ。どのストレート・エッヂという思想や主義や信念、ライフスタイルでは共通しているが、アプローチや考え方は様々だ。カジュアルにストレート・エッヂになったバンドもいれば、健康志向が動機のバンドもいれば、宗教のように心の平穏を求めているバンドもいる。そして修行僧のようなストイックな姿勢のバンドもいる。多種多様の考え方があるのだ。ストレート・エッヂの多種多様な考え方が分かる意味では、貴重なコンピなのだ。

2013/08/23

Various Artists 『Ground Zero』

8706676935_694a29b038_o

 13年発売の14バンドが参加しているニューヨーク・ハードコア・バンドによるコンピレーションアルバム。収録されているバンドは、ラ・ミスマ、デフォミティ、ノマド、グースバンプス、ブラック・ブート、プットライダ、アナサーズィ、マドラー、サッド・ボーイズ、ブルトガング、クレイジー・スピリット、パディッション、ダーン・オブ・ヒューマンズ、ハンク・ワード&ザ・ ハマーヘッズの14バンドが収録されている。

 このなかで僕が知っているバンドはひとつもなかった。しかもこの作品を聴くまで、ニューヨークには、主流派とは別のハードコアシーンが存在していることすら知らなかった。なによりそのサウンドに驚かされた。個人的な印象としては、ニューヨーク・ハードコアとは、アース・クライシスやヘイトブリードに影響を受けたバンドが、ニューヨークのニュースクール・ハードコアの主流で、都会の洗練された不良の匂いがするマッチョで闘争的なバンドがひしめいているシーンだと思っていた。サウンドもデス声や、アグノスティック・フロントからシック・オブ・イット・オールへと受け継がれ、アース・クライシスへと継承されてきた重厚なギターのリフが中心だと思っていた。

 でもそれは大きな勘違いだった。この作品を聴くと、ここに収録されているバンドでヘイトブリードやアース・クライシスに影響を受けているバンドはまったく存在しない。影響を感じるのはイギリス初期パンクとハードコア。なかにはアタリ・ティーエイジ・ライオットのようなブレイクビーツばりのノイズを垂れ流しているバンドもいる。でも収録されているほとんどのバンドが、カオスUKのようなノイズ・コアなどに影響を受けたバンドばかり。どのバンドもバリバリ響くノイズギターが特長的だ。そのなかでもとくに印象的なのが、女性のヒステリックな金切り声で歌うラ・ミスマや爆撃機のようなノイズ垂れ流しのグースバンプス、野太いベース静かな暴力を表現しているマドラーなどだ。どのバンドも尖り歪みまくっている。日本語で、奇形、隔離されたインディアンの住居、腐敗、殺人など名付けられたバンド名からも分かるように、彼らはメインストリームから隔離され、腐臭と腐敗にまみれたバンドたちの集まりだということが理解できる。すべてのバンドが暴力的で悪意に満ちている。でもそれがカッコいい。

 アース・クライシスたちのシーンが地上とするなら、トラッシュ・トークやAl-Thawaraなどの黒人やムスリムたちによるハードコアシーンはちょっと離れた海中。そして『グランドゼロ』に収録されているバンドたちは、深海に属しているといえるだろう。世間から隔絶され、独自に進化を遂げたバンドたち。名声や金のためにやっていないから、自分たちの好きな過激なサウンドを追求している。まさしくニューヨークの陰の部分を象徴し、さらに暗闇、アンダーグランド中のアンダーグランドのバンドたちなのだ。これはすごい作品だ。

2011/03/23

VALENCIA 『This Could Be a Possibility 』

ディス・クッド・ビー・ア・ポッシビリティーディス・クッド・ビー・ア・ポッシビリティー
バレンシア

Kick Rock MUSIC 2006-04-19
売り上げランキング : 274826

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

08年に発表されたメロディック・パンク・バンドの2作目。ライナーで山口智男さんが書かれていたとおり、一生懸命がんばれば、夢はかなうといった姿勢と、固い決意で力強く前へ踏みだそうとするひた向きな情熱が、彼らの個性だろう。

そんな彼らのサウンドとは、ブリンク182とスターティング・ラインに、イエローカードを合わせ、そこにスライドギターやアメリカンポップスを加え、進化させたメロディック・パンク。前作と比べるとほかの音楽も徹底的に研究しているし、とても勉強熱心な姿勢が窺える。ハードな音楽からの影響も少し窺えるが、その要素をポップにソフィスケートする能力が素晴らしい。

そこに漂う雰囲気とは、冬の透明透き通った空気のなか、沈む夕日を眺めて、一縷の希望を信じるような透明さ。そう彼らだって人生がそんなに甘くないことは知っている。それでもただ純粋にメロディックパンクが好きだから、やり続けるしかないのだ。

その純粋さがキラキラと輝いていて、美しい作品だ。

スポンサードリンク


無料ブログはココログ

スポンサードリンク